外壁塗装の耐用年数と耐久性はどの位か

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

外壁塗装の耐久性と耐用年数について

外壁塗装の耐久性と耐用年数

外壁塗装を行ったからと行っても一生ものではありません。
数年経てば、また壁の汚れやヒビが目立ってくるようになります。
上記のような症状を放置していると、家の耐久がなくなり、さらなる立て直しの費用がかかる事は間違いありません。

 

 

外壁塗装は塗料を外壁に塗るというものですが、塗料にも様々な種類があります。
この塗料の種類によって外壁塗装の耐久性というのも異なってくるのです。
→「外壁塗装の種類はコチラを参照

 

塗料の種類別の耐久性は下記の通りです。

 

【塗料種類別の耐久性】

・アクリル
耐久性:5〜7年
・ウレタン
耐久性:7〜10年
・シリコン
耐久性:10〜15年
・フッ素
耐久性:15〜20年

 

 

もちろん、上記の年数はおおよその年数なので、家の環境・状況などによっても異なってきます。
ですが、参考にはなりますので、実際には上記の年数に達したら外壁塗装の検討をした方が良いでしょう。
おおよその平均としては、10〜12年の間に一度、外壁塗装の塗り替え・診断をする事が一般的とされています。

 

 

年数が長くなればなるほど、塗料の価格も高くなってくるのですが、フッ素で塗料を塗ったからと行って20年も放置状態になるのはあまり良くない事と言えます。
もしも、フッ素で20年を放置するのであれば、アクリルで7年程度で塗り直しをした方が良くなる可能性もあります。
経済的な事も考えながら、外壁塗装業者に相談をしてみましょう。
→「塗料の価格はコチラを参照

 

 

この年数が分かれば、業者が訪問営業に来た場合でもある程度の検討がつきます。
まだ塗り替えの期間ではなくて、少しのヒビ位ならホームセンターで「コーキング材」を購入すれば自分でもすぐに直す事ができます。
ただし、家によっても耐久性が異なるので、もしも訪問営業が来た場合には必ず、他の複数業者にも診断をお願いしましょう。
そうする事で価格もできるだけ安く抑える事ができますし、トラブルが起こる可能性も低くできますので、オススメです。


≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ