外壁塗装の種類について

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

外壁塗装の種類ってどんなものがあるの?

外壁塗装の種類

外壁塗装をするといっても、塗料に様々な種類があります。

この種類によって、塗り替えの時期も変わってきます。
この塗料の種類は大きく分けて、4種類あります。

 

【外壁塗装の種類】

 

アクリル

安いという特徴がありますが、耐久性が弱く、外壁の割れが生じやすいというデメリットもあります。また、塗り替えの寿命もかなり早い段階できます。

 

ウレタン

アクリルよりは塗膜が柔らかい塗料です。そこそこの価格で、性能も悪くないのでこの塗料を使用する方は多くいます。

 

シリコン

ウレタンよりも性能があがります。ただし、価格も上がります。
耐熱性や耐候性が強く、汚れがつきにくいというメリットもあります。

 

フッ素

予算の都合上、高くなるので余裕のある方にオススメ。塗り替えの寿命もかなり長く、上質な塗料です。価格は高いですが、寿命が長いので職人の塗り方次第では結果的にコストパフォーマンスが良くなる事もあります。

 

 

上記4種類の内、良い塗料になればなるほど長持ちします。
その代わりに値段も高くなっていきます。
予算と相談しながら、コストパフォーマンスを見比べて依頼するようにしましょう。
→「外壁塗装の相場・費用はコチラ

 

 

また、補助的な役割を持つ塗料も存在します。

 

光触媒塗料

太陽光と雨により、汚れを分解するメリットがあります。

 

ナノテク塗料

光触媒塗料よりもグレードの高い塗料です。

 

装飾塗料

高級感やデザイン性を求める場合には、この塗料がオススメです。

 

遮熱塗料

夏期には熱を、冬期には冷気を遮断するため光熱費の削減にもつながります。

 

 

上記4つも予算と相談しながら、決めていきましょう。

≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ