外壁塗装を自分で行うDIY塗装とは

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

外壁塗装を自分で行うDIY塗装とは

DIY塗装とは

外壁塗装を行おうとした時に、塗料などのサービスの内容にもよりますが、数十万円という高額なお金が必要になります。
プロに任せる以上、仕上がりもしっかりとしていますし、アフターフォローの保証もしっかりとしているので、安心は安心なのですが、そこまでのお金は払えない…
そんな方もいると思います。
それだったら自分で外壁塗装をやればよいのでは?なんて人も出てきて不思議ではありません。
そんな自分で外壁塗装を行うDIY塗装というのが、流行っているようです。

 

 

このDIY塗装は、行う範囲にもよりますが、自宅で少しずつ計画的に行うという事もあって半年から1年ぐらいのスパンで完成を見ていきます。

 

 

【DIY塗装の流れ】

まずは、DIY塗装の流れですが…
外壁をブラシなどで水洗いをして乾燥させます。そのあと、養生という事で周りに塗料が飛び散らないようにビニールテープやガムテープを使用して汚れ防止をします。
壁なので、ガムテープの着きを良くするために、ゴミ・ホコリをとっておきましょう。
養生が完了したら、次にシーラーという接着塗料を下塗りとして塗っていきます。
この際にローラーなどを使用して塗るとやりやすいと思います。
ローラーでは対応できない細かい部分は刷毛で、塗っていきます。

 

 

下塗りが終わったら、耐久性を高めるために中塗りを行います。
シリコン系や、ウレタン系などの塗料を塗っている作業です。
この塗料は、ペイントうすめ液やシンナーで薄めて使用するのですが、薄める量というのは塗料缶に記載してあるので確認をしておきましょう。
塗り方は下塗りと同じように塗れば問題ありません。
最後に上塗りといって、作業自体は中塗りと変わらないのですが、3回塗料を塗る事で強度を上げる事ができます。

 

 

作業が完了したら、養生をはがしていくのですが、塗料が剥がれないようにゆっくりとはがす事がポイントです。

 

 

また、下塗り、中塗り、上塗りの期間はしっかりと乾かす期間を設けないと耐久性が低くなりますので、乾かす期間は見ておきましょう。

 

 

かなり時間も取られるという事もあるので、計画的に行うのがオススメです。
また、費用はかかりますが、しっかりとしたプロに外壁塗装を行ってもらった方が寿命が伸びて結果的に良かったというケースもあります。
予算がある場合には、業者に依頼する事をオススメします。


≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ