外壁塗装にはクーリングオフが適用される

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

外壁塗装にクーリングオフを適用する

外壁塗装はかなりトラブルの多い業界という事で、契約も慎重に行わなければなりませんが、実際どう気をつけたとしてもトラブルに巻き込まれる事もあります。
もし、トラブルに巻き込まれた場合にはクーリングオフという制度を適用する事ができます。

 

 

クーリングオフって良く耳にしますが、実際に利用するにはどうしたら良いのかという方は結構いると思います。
クーリングオフとは、訪問販売や電話勧誘と言った取引で、契約をした後でも条件を満たせば、解約できるという制度です。
この条件という部分がネックになってくると思います。
では、クーリングオフをするために条件ってどんなものがあるのでしょうか。

 

 

【外壁塗装クーリングオフの条件】

1.契約場所が業者の事務所でないこと。どうしようもなく事務所に連れて行かれたなどやむを得ない状況の場合は事務所で契約をしたとしてもクーリングオフを使用できます。

 

2.クーリングオフについて記載された書面を受け取った日から8日以内に申請を行う。こちらに関しては、そもそも契約時に業者からクーリングオフについての説明を受けている必要があります。説明をされていないという場合は、業者が義務を怠っているという事なので、いつまでもクーリングオフの権利があるという事になります。

 

3.個人での契約に限る。「法人」対「法人」の場合には適用されませんので、注意が必要です。

 

4.購入者から電話やメールで業者を呼び出しをしていない場合に限る。

 

上記の条件を満たしていれば、クーリングオフを適用する事ができます。
クーリングオフをした場合には、外壁塗装業者はいくら工事で人件費・材料を使用していたとしても消費者に請求する事ができません。
また、原状回復工事も無償で請求する事ができます。
業者の中にはクーリングオフができないという悪徳な業者もあるみたいですが、上記の条件さえ満たしていれば問題ありませんので、安心してください。

 

 

【クーリングオフの方法・流れ】

クーリングオフの条件に該当しており、使用する場合には「書面」を外壁塗装業者に内容証明郵便で外壁塗装業者に送付をすると、クーリングオフが適用されます。
内容証明郵便とは、3部同じ書面を作成し、1部を自分、1部を郵便局、1部を相手方に送付する方法です。

 

書面に記載する方法内容は…

・契約日
・商品名
・契約金額
・契約会社名
・契約会社の所在地
・代表者名
・自分の名前と住所
・解約する旨の文面
例)

 

平成○年○月○日に貴社の訪問販売員○○(氏名)との間で締結した○○の件、総額○○万円の契約を行いましたが、「特定商取引に関する法律」第九条の規定に基づき、上記申し込みを解除します。つきましては、商品の引き取りと既払い金○○万円の返金をお願い致します。

 

また、クレジットで契約を結んで支払いをした場合には、クレジット会社にも同様の通知を送る必要があります。

 

国民生活センターでは、クーリングオフに関する質問も詳しく教えてくれるので、分からない事があれば、連絡をするようにしましょう。
クーリングオフは締結日より8日以内とかなり早い段階なので、すぐに準備をする必要があります。

 

 

悪徳業者ばかりではありませんが、契約の際にはくれぐれも慎重に行いましょう。

≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ