外壁塗装の税務上の耐用年数とは

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

税務上の外壁塗装の耐用年数について

税務上の外壁塗装の耐用年数について

個人で外壁塗装を行った際にはあまり関係ない話なのですが、会社として外壁塗装を行う際には、外壁塗装は税務上の処理にて経費として計上する事ができます。
修繕費として、計上した場合には全て経費として計上する事ができるので、税金対策になります。

 

 

しかし、外壁塗装の金額があまりにも大きくなると修繕費として計上する事ができません。

 

 

では、修繕費ではなく何として扱われるのかというと、資本として扱われる事になります。
資本として扱われるという事は、建物という勘定科目で計上する事になるのです。
つまり、建物を修繕したという認識ではなく、外壁塗装を行った事で建物の価値が増したという認識になります。

 

 

修繕費の場合は、全て経費として計上できるのですが、建物として資本の扱いになった場合には、減価償却を行う必要があります。
耐用年数は、外壁塗装を行って価値が増したとしても変わる事はありません。
もともとの建物の耐用年数が適用されるというわけです。
つまり、その建物が残り10年の場合には、外壁塗装費用をその10年で減価償却していくわけです。
その減価償却分が経費として計上される事になります。

 

 

税金に関しては、分かりにくい部分もあるので、一度専門家の方に相談してみる事をオススメします。
外壁塗装も経費としても認められますし、メリットが大きいので、会社でもぜひ外壁塗装をしましょう。


≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ