外壁塗装で塗り残しがあった場合の対処方法

初めにお読みください

外壁塗装の相場を知りたい方へ

外壁塗装では相場以上の価格を請求されたという被害が多くある業界です。
外壁塗装の適正価格を知るという事は、自分の身を守るためにも必要な事と言えます。
相場を知る事で、100万円単位で安くなった実例もあります。

外壁塗装の適正価格診断



他社見積もり中でも問題ありません。
無料&匿名ですぐに分かります。
⇒簡単30秒で見積もり価格相場をチェックしてみる。

外壁塗装で塗り残しがあった場合には?

外壁塗装で塗り残しがあった場合

外壁塗装工事では、様々なトラブルがつきものです。
人間が行う作業ですから、ミスが100%起こらないという保証もありません。
よくある質問の中には、外壁塗装が終わった後に塗り残しを発見したという話があります。
この塗り残しが合った場合にはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

ごく稀に光の当たり具合などによって塗り残しを見逃す場合があります。
しかし、塗り残しは業者のあきらかなミスなので、業者に申し出ましょう。
ミスなので、申し出る事で塗り残しの部分を再塗装してくれます。
もちろん、追加料金を取られる心配もありません。

 

 

塗り残しで塗ってない部分の他にも、塗ったが前の塗料の色が分かってしまうという場合には、完全に外壁塗装をしたとは言えません。
こういった場合には、業者に言うことができます。

 

 

よっぽどありませんが、悪徳業者にひっかかった場合でどうしようもなくなった場合には、市役所などの無料法律相談、国民消費者センターに電話をしましょう。

 

 

また、対策としては外壁塗装作業が完了後の確認はもちろんですが、見積もりにて塗装回数を確認することもオススメします。
通常、下塗り・中塗り・上塗りと3回の塗装を行うということもあって、塗り残しというトラブルは起こりにくいと言えます。
ですから、この塗料を塗る回数までしっかりと事前に確認をしておきましょう。

 

 

塗り残しがあると、塗膜が劣化しやすいということもあって、せっかく外壁塗装をしてもらったのにも関わらず塗り替えの時期を早めてしまうので、注意が必要です。


≪利用者の90%以上が満足の見積もりサイトとは…≫

 

外壁塗装の見積もり

【外壁塗装の窓口が選ばれる理由】

 

  • 名前が匿名で入力できる
  • 住所のスキップ機能が付いている
  • 苦情店は掲載除外システムを採用
  • より格安な業者が見つかる
  • 技術も確かな業者と締結

 

3分で作業が完了して、最大6社の見積もりができます。
また、業者へのお断り連絡も代行してくれます!
⇒「全国対応/外壁塗装を検討中ならまずはココをクリック」

 

 

 

 
HOME 外壁塗装の相場 外壁塗装業者の選び方 運営者情報 お問い合わせ